40過ぎても絵本にハマリツヅケル。本当に不定期ですが見せびらかしたいとオモイマス(笑)


by koorom2

ご冥福をお祈りします

やなせたかしさん、94歳で亡くなられました。

 アンパンマンがキンダーおはなし絵本に掲載されたのが1973,4年頃? なので私の絵本時代とはちょっとずれています。

 日本の絵本から生まれたキャラクターとしてはビジネス面を含めて一番社会に影響を及ぼした、かつ皆の心に残ったキャラクターではないでしょうか?いずれにしても偉大な足跡を残されたと思います。ご冥福をお祈りします。

f0201942_153142.jpg

f0201942_1533858.jpg

[PR]
# by koorom2 | 2013-10-16 15:03
 大変ご無沙汰です。なんやかんやで更新してませんでした。すみませんでした。

 前回の浦和での堀内誠一展繋がりで…某所で掘り出してきたものです。"ひかりのくに"の表紙&裏表紙と見開きページを堀内さんが手がけられています。

 ”ひかりのくに 第28巻第12号” 昭和48年12月1日発行 私は幼稚園の年長のクリスマスです(笑)
f0201942_1515085.jpg

 クリスマスの人形劇が多分教室で開催されています。かなりポップな色調です。

 表紙をめくると見開きは…
f0201942_1524552.jpg

 ”ぶたいうらは おおいそがし” とあります(笑)。右下の音声担当の子が使っているテープレコーダーが時代を感じさせます。

 ”くるみわりにんぎょう”の色彩に似ていると思いますがいかがでしょう?多彩な色使いなのに、ごちゃごちゃせず一体感があるのは堀内さんのなせる業ですね!
[PR]
# by koorom2 | 2011-09-07 15:27 | 堀内誠一
 先日上京し、うらわ美術館に行って参りました。目的は、もちろん、、、、


               ”堀内誠一 旅と絵本とデザインと” を鑑賞する為です。


  初めて訪問する浦和、渋谷から新宿乗換えで、、、結構かかりました。駅前に出ると、、
f0201942_9495790.jpg

               堂々たる案内が!気合が入っています。

 美術館はなんと大きな建物の三階にありました。建物にもさまざまなディスプレイが、、、
f0201942_9534074.jpg

f0201942_9545597.jpg

f0201942_9584030.jpg


 入り口には、伊丹美術館でも見たマガジンハウスの壁画の複製が鎮座していました。
f0201942_1024949.jpg


 世田谷文学館、伊丹美術館に続いて3度目の訪問でしたが、今回が一番私は楽しめました。理由は、、、秘密ですが(笑)。パリ市街の地図のイラストは、ガラスクリアケースに展示されていたので間近にみる観ることができました。こういう”ちょっとした展示の工夫”が嬉しいです。



 昼御飯は美術館前の通りの並びにあった麺屋で。なかなか美味しかったですね。昼ビール(笑)
f0201942_1222233.jpg




f0201942_1201534.jpg

 その日の夕方には、堀内さんに近い方と、仲介をして頂いた方と三名で渋谷の居酒屋でご一緒させて頂きました。色々な話が聞けて夢のような会でした。すべての出会いに感謝です!
[PR]
# by koorom2 | 2011-07-05 12:02 | 堀内誠一

おばけのゆげゆげ

 前のブログの時もこのシリーズの絵本を紹介したことがありますね。

f0201942_16252589.jpg

 おばけのゆげゆげ しつけの本 文:筒井敬介 絵:渡辺洋二 世界文化社 昭和46年10月21日発行

f0201942_16274751.jpg

 世界文化社が当時、”こどものための三冊の本<全20巻>”として発行したうちの ”しつけの本”の第4巻となります。幼児むけのシリーズですね。

f0201942_1630489.jpg

 お話は、、、入浴を促すことと、入浴した後はちゃんと身体を拭きましょう(笑)、という二つのメッセージが”ゆげゆげ”を通して伝わってきます。

f0201942_1634546.jpg

 ”おばけのゆげゆげって よごれたこがすきなんだって きれいになるとさよならなんだって あしたもあいたいな ゆげゆげ” の最後のフレーズ、中々のものだと感じます。
 作者の筒井さんは巻末で、”しつけの本をぼくが書くのだと言われてびっくりした。それは、お風呂のしつけだといわれて、二度びっくりしかけた”と述べられています。”しつけとは、人間の原点に関わる事だけでけっこう、子供の入浴は「開放」されて「清潔」にもなる「遊び」なのだと思うのが、この本をかいたゆえんである。”と結ばれています。至言だと思います。
[PR]
# by koorom2 | 2011-05-29 16:32
 本当に久しぶりの更新です。

 ”はじめての生活えほん みんなありがとう ★感謝の気持ちを表わせるように”

  岸田衿子・文 堀内誠一・絵 主婦と生活社 1972年12月20日発行

f0201942_1334020.jpg


 先日82歳で他界された岸田 衿子さんと堀内誠一さんの競作です。訃報を聞き、本棚を探しているとこの本を発見しました。

f0201942_137559.jpg

 ”うしさん、ぎゅうにゅういつもありがとう”から始まって、、
f0201942_1384527.jpg

 次々に ”ありがとう” のあいさつが連鎖していきます。そして、
f0201942_1395896.jpg

 最後にはこどもたちが感謝されるというお話です。

本当に優しいキモチになれる絵本です。他にも色々シリーズで出ていたようですのでこれからまた探してみます。
[PR]
# by koorom2 | 2011-05-20 21:50 | 堀内誠一